東大阪市 耐震診断補助制度

2018年09月20日

耐震診断補助制度
 

 

 

 

地震・台風等の自然災害の連続で、建物がかなりの被害を受けています。

 

東大阪市のホームページに、

昭和56年5月31日以前に原則として建築確認を受けて市内に建てられた、自己所有の建物(一戸建住宅、共同住宅または兼用住宅)や特定既存耐震不適格建築物等に対して耐震診断補助制度があります。

※耐震診断は建物一棟で行いますので、共同住宅等では一部所有者の申請では耐震診断ができません。


耐震診断補助制度の事が載っています。


用途は、「戸建住宅、店舗等併用住宅(店舗等の用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1未満のもの)、共同住宅を含み、現に居住しているものに限る。」

となっていますので、共同住宅にも適用されるようなので、共同住宅のオーナー様も一度、ご検討されてはいかがでしょうか。
居住しているものに限るとありますので、『空き家』では適用されないようですが、居住中の建物が心配な方は、こういう制度を利用されるのも良いかと思います。

詳しくは、東大阪市にお問い合わせください。 

 

 

東大阪市の 不動産売買・ご売却は 不動産流通センター 株式会社 ニシノ まで

 

 

onlyone

不動産・「空き家対策」の (株)ニシノ

 

動産の売却・買取り相談や空き家でお困りの方、

お気軽にお問い合わせください。

不動産・「空き家対策」の (株)ニシノ

東大阪市鷹殿町1番10号
TEL072-988-0240

 

東大阪市鷹殿町1番10号
TEL072-988-0240