「空き家対策」土地の相続登記 義務化

2019年02月08日

⇐ 前の記事

クリックで大きく

 

 

 

土地の相続登記 義務化

 

 

今日の、日本経済新聞の夕刊に「土地の相続登記 義務化」という記事が載っていました。

 

法務省は8日、所有者不明の土地が増えている問題を解消するため、

 

民法と不動産登記法を見直すと発表した。

 

■相続登記の申請を義務化

■土地所有者の放棄を認める制度を検討

■遺産分割協議の期間を制限

■土地ごとに相続財産管理人を選任可能に

 

現在は、相続登記は任意で、登記するかどうかは相続人の判断に委ねられるので、

名義が死亡者のまま長年放置されれば、法定相続人が分からなくなる可能性がある。

                          

                             「上記、日本経済新聞より」

 

 

上記を法務省は、2020年の臨時国会に法改正を提出したい考えとの事。

 

 

特に「空き家」に関しては、

 

当社の方にも、所有者がどこに行ったかわからないという、ご相談をたくさん頂きます。

 

この法律が、改正され、少しは「空き家」問題が解消されれば良いと期待したいです。

 

 

 

 

不動産の売却・買取り相談や空き家でお困りの方、

お気軽にお問い合わせください。

不動産・「空き家対策」の (株)ニシノ

東大阪市鷹殿町1番10号
TEL072-988-0240

東大阪市の不動産のご売却・ご購入は不動産・「空き家」対策の株式会社ニシノまで

⇐ 前の記事