ブロック塀の点検

2018年09月06日

「東大阪市政だより」に、
『6月18日に発生した、大阪府北部地震では、ブロック塀の倒壊による被害が発生し、基準を満たさないブロック塀の危険性が問題となっています。』と掲載されていました。




私の場合、今までどう見ても危険だなと思ったブロック塀以外、実際に事故を目の当たりにしたこともありませんでしたので、あまり気にも留めていませんでした。


先日、ご購入頂いた尼崎市の物件では、ブロック塀の両側に控え壁が作られておりました。
「阪神大震災」の直後に施工されたブロック塀らしく、施主様も慎重になっておられたのだと思います。
当時、その物件のご近所の建物にはのきなみ屋根の上にブルーシートが掛かっていたそうです。


私はそのブロック塀を見て「より安全だ」と思いつつも、そこまでは必要がないと思ってしまったのですが、今回のような被害が起こると、施主様が慎重になられる気持ちがわかります。


阪神大震災後に、東大阪で購入して頂いたお客様は、当時神戸にお住まいだった方で、避難経路まで調べたうえでご購入頂いたことを、思い出しました。

「空き家」をご所有のオーナー様も建物・ブロック塀の点検をお忘れなく。

東大阪にある弊社も、今まではあまり被害がなかった、「地震・台風」等の危機管理を強化していく時期だと強く思います。


東大阪市のホームページ

ブロック塀

不動産・「空き家対策」の (株)ニシノ

不動産の売却・買取り相談や空き家でお困りの方、

お気軽にお問い合わせください。

不動産・「空き家対策」の (株)ニシノ

東大阪市鷹殿町1番10号
TEL072-988-0240