暗峠(国道308号)

暗峠(国道308号)東大阪市側より

暗峠

暗峠(国道308号)生駒側より

暗峠

暗峠(国道308号)

暗峠

暗峠(国道308号)

暗峠

暗峠(国道308号)

暗峠

暗峠(国道308号)

暗峠

最急勾配31%の場所。Wikipediaより

暗峠

松尾芭蕉の句

「菊の香に くらがり越ゆる 節句かな」

暗峠(国道308号)

所在地 大阪府東大阪市~奈良県生駒市

暗峠(国道308号)

暗峠 概要

暗越奈良街道の生駒山地における難所で、つづら折りの少ない直線的な急勾配が続く。特に大阪府側は、麓から峠まで約2.5kmにわたる勾配である。峠道の沿道や道端に、古寺や地蔵、石仏も多くあり、ハイキングコースとしても有名である。

峠の頂上には小さな集落があり、茶店もある。この付近の路面は江戸時代に郡山藩により敷設された石畳となっている。この50mほどあるコンクリート舗装の石畳は、暗峠が急坂であることから、参勤交代で殿様が乗った籠が滑らないようにするために敷かれたものである。なお、国道に指定されている道で石畳状の路面を呈するものは、国内で唯一この暗峠のみである。 

 

「暗がり」の名称の起源は、樹木が鬱蒼と覆い繁り、昼間も暗い山越えの道であった説や、 「椋嶺峠」が転じた説、 「鞍借り」、「鞍換へ」が訛って「暗がり」となったとする異説[要出典]もある。上方落語伊勢参宮神乃賑の枕では、「あまりに険しいので馬の鞍がひっくり返りそうになることから、鞍返り峠と言われるようになった」と語られている。

暗峠を通る暗越奈良街道は「日本の道100選」に選定されており、峠頂部の石畳の道端には、日本の道100選の顕彰碑が置かれている。 今西祐行作の絵本『とうげのおおかみ』の舞台。 

 

 

※Wikipediaより

暗峠の歴史

江戸時代に暗峠の村に大和郡山藩の本陣が置かれ、参勤交代路になっていた。同時代に刊行された『河内名所図会』には、「世に暗峠という者非ならん……(中略)……生駒の山脈続て小椋山という。故尓椋ケ根の名あり、一説尓は此山乃松杉大ひ尓繁茂し、暗かりぬればかく名付くともいう。」と記されている。また、「大阪より大和及び伊勢参宮道となり、峠村には茶屋旅舎多し」とも記されており、江戸時代後期は庶民の伊勢参宮道となり、旅籠や茶屋が立ち並び賑わっていた。

井原西鶴の『世間胸算用』にはこの峠の近くで追い剥ぎが出たという記述がある。

1694年10月27日(元禄7年9月9日)、松尾芭蕉が奈良から大坂へ向かう途中この峠を通った。このときに「菊の香に くらがり越ゆる 節句かな」という重陽の節句にちなんだ句が詠まれたといわれる。

1970年(昭和45年)、暗峠を通る暗越奈良街道が国道308号に指定された。 

 

 

※Wikipediaより

暗峠周辺の道路状況

暗峠越えの峠道は国道(国道308号)に指定されているとはいえ、一部は自動車1台が何とか通行できる程度に道幅は狭く、頂上付近では民家の軒先をかすめながら通行する箇所も存在する。大阪側ではきつい所で最大傾斜勾配31%の急勾配がS字カーブになっており、慣れない者が走行すると登りきることができず立ち往生するほどともいわれる。ヤマハ電動アシスト自転車PAS激坂チャレンジNo.1でのきつい所の傾斜計での簡易測定では、傾斜角度26度 (勾配48.7%) であった。

峠のすぐ東側を信貴生駒スカイラインが通っているが、付近に出入口が無いため直接暗峠にアクセスすることはできない。  

 

 

※Wikipediaより

東大阪市の不動産のご売却・ご購入は不動産の株式会社ニシノまで

不動産・「空き家対策」の (株)ニシノ

不動産の売却・買取り相談や空き家でお困りの方、

お気軽にお問い合わせください。

不動産・「空き家対策」の (株)ニシノ

東大阪市鷹殿町1番10号
TEL072-988-0240